2017年12月15日金曜日

るすばんねこ 34

 
  クリスマスまでお留守番中。ニャアコちゃんは、るすばん中に3回目のお誕生日を迎えました。
今月は、隣室にいる老犬ポテトおばあちゃんも、お誕生日を迎えます。飼い主に見捨てられて施設へ輸送されたポテさん。一年前、両眼球と子宮摘出という大手術を乗り越えた当時は、こうして誕生日を迎えられることが想像つきませんでした。本当にうれしく思います。
 病気にかかったポテさんを施設に送り、飼育費を踏み倒して音信不通になった人間が、どんな人なのか興味ありませんが、ごく普通に街を歩いている人間なのでしょう。その人のそばには、新しく手に入れた犬がいるかもしれません。
 連絡が取れて飼育費用を支払っていても、全く会いに来ることなく、預けた命が消えることにも関心をもたない人。そんな人が、施設へ預ける申し込み者の多くを占めていると聞きました。
 もうけ主義のペットショップや、悪徳ブリーダーなどどいう言葉がマスコミで上げられることがありますが、そのような企業や組織が生み出した悪ではなく、ごくふつうに動物を買ってきて見捨てる一般市民がいるのでした。そういう人々は、殺処分する保健所に連れて行かなかったから、後ろめたい気分を免れているのでしょうか。もしかしたら、すぐ近くにそういう人が生活しているかもしれないと思うと、恐怖を感じます。
 ニャアコちゃん、お誕生日にいつもより多めのチュールをあげました。それでも、そんなにたくさんはいらないにゃ、と欲がないニャアコちゃんでした。
 

2017年12月5日火曜日

時を越える樹




 去年、群馬県の山で撮った 栃ノ木の大木です 。小学3年の国語教科書に出てくる『モチモチの木 』を読んで、この写真を思い出しました。
 私がこどもの頃から学校で読み聞かされている物語。印象深いのは、モチモチの木の実で作られるという、ほっぺが落ちるほどうまいおモチ。それと、モチモチの木に輝く幻想的な灯り。この写真のようにすっかり葉を落とした大木が、山の神様のお祭りの夜、枝いっぱいに灯りを点して輝くというのです。私は、見たいな~と思いました。勇気がある子にしか見られないと言うけど、自分は勇気があるのかな?と考えたのをおぼえています。久しぶりに読むまで記憶になかったのですが、物語の中でじさまは、主人公の豆太へ、勇気以外にも大切なことを伝えていました。
「…にんげんやさしささえあれば、やらなきゃならねえことはきっとやるもんだ…」
 いいこと言ってるねえ、じさま❗私は、強さは優しさから生まれると信じています。
 今から五十年近く前に出版された絵本ですが、きっとこの先も長く親しまれるのでしょう。生きている時代を越え、心に残る物語を自分も生みたいな…つくづくそう思いました。

2017年11月23日木曜日

水の力

千葉県大多喜町の養老渓谷で出会った『金神(こんじん)の滝』です。
先週、まだ紅葉に早い渓谷を訪れました。
いくつかの滝がある養老渓谷。一番人気がある『粟又の滝』あたりは賑っていましたが、金神の滝周辺は比較的人も少なく、静かだったのでよかったです。
山の少ない千葉県では貴重な、山風情を味わえる場所なのでした。

 滝つぼ近くの、きれいに刻まれた岩は何岩なのかな、と渓谷の地質を調べてみたら、面白い記事を見つけました。養老渓谷から流れ出る養老川沿いに『77万年前の地球磁場逆転の地層』がみられるというのです。
 その地層は、千葉時代(ラテン名ーチバニアン)として正式に国際地質科学連合が選定したということでした。(ちょっと呼び名がかわいい…。)
このことは私が知らないだけで、近年話題になっていたようです。NとSの磁場が逆転したら、いったいどうなるのでしょう。逆転する時代にまたがって生きていることは不可能でしょうけど…。
 磁場逆転も、77万年前も、想像がつかないことですが、水の力であらわになった岩たちは、おどろくべき歴史を知らせてくれるのだな~とあらためて感動でした。



2017年11月14日火曜日

るすばんねこ 33


 二週間のるすばん中です。お皿にのせたトマトは、今年最後に収穫できた庭のトマト。
ニャアコちゃんはもちろん食べませんし、まったく興味なしですが記念写真です。なにしろ、このトマトは、ニャアコちゃんが去年の冬中、う●こを埋めて土作りに協力してくれたおかげで収穫できたトマトなのでした。今年6月から先週まで、本当にたくさんいただきました。
 このトマトを毎日スープにして食べているのは、盲目の老犬ポテトおばあちゃんです。ポテさんは、耳もあまり聞こえないのですが、鼻はとてもいいです。庭からトマトをとって、そおっとポテさんが寝ているそばを通ると、「あれ、今いいにおいがしたような気がしますが!」と起き上がったりします。猫さんとちがって、犬さんは食の幅が広いことを、ポテさんに教えてもらいました。
 土作りを詳しく調べると、動物のフンは堆肥として発酵させないとダメのように書いてあるのですが、前もってうめるだけでも、砂地で貧弱な土地には栄養になっているようです。
 ポテさんがやってきてからは、ポテさんのう●こも、ニャアコちゃんに合流し、土作りに参加しているのでした。自分で育てたトマトを食べて夏を過ごしたポテさん。来年の夏も、元気にトマトスープをたべられますように祈りをこめ、今年の冬も土作りしましょうね!
 ニャアコちゃんは協力するのみで、畑の恩恵は受けられないのですが、とくに不満はありません。
トマトより、おやつのチュールがあればうれしいようでした。

2017年10月31日火曜日

るすばんねこ 32




 留守番猫、今日で終了です。友人からいただいたハロウィン飾り用かぼちゃ。
ニャアコちゃん、どんなカラフルな色も、似合いますね。
もちろん、かぼちゃには興味なしでした。ニオイをちらっとかいだだけで、全く見なかったことにしています。
 かわいいカボチャなので、写真を撮っていいかきくと、どうでもいいよという感じでした。
このかぼちゃ、本当に食べられないのかな~といろいろ調べたら、食べられることは食べられるのですが、美味しくはないという結果しかでませんでした。
 たべてみようかとも思ったのですが、もしかしたら人間が美味しくないだけで、鳥や虫は美味しいと思うかもしれないので、庭に割って置いておくことにしました。
本当に誰もが美味しくないからいらない!といったら、土の中に提供する予定。
果たしてお口にあう方がいるでしょうか。

※2週間後追記
不人気だったので、地上・地中の虫たちへ提供しました。
 

2017年10月12日木曜日

るすばんねこ 31



 留守番、 1か月と 2週間目。
ニャアコちゃんの 肉球は 、うすい ピンク色に 、小豆色 が少しだけ入っています。
以前、猫の肉球の色は 鼻の色と同じだと 聞いたことがあったのですが、体毛の柄と色に関係するそうですね。
 肉球の色と柄、形は、 人間の指紋みたいに 固有のものなのでしょう。
ニャアコちゃんが、タブレットの上をのしのし歩いていくのを見ていたら、肉球認証は出来るのかなと思いました。そう思う人は多いようで、検索するとiPhoneで試した人がたくさん出てきました。
結果は、出来る!そうです!すごいですね。
 未来の猫社会は、肉球認証データベースが出来ていて、どこの誰だかすぐわかるようになっているかもしれません。犬社会も!今現在もマイクロチップを体内に装着する手段がありますが、なんとなく、肉球認証、ちょっと楽しそうです。犬猫が、自らピッと認証する姿を想像すると…。
冗談ではなく、不幸な命と無責任な人間を減らしてくれる手段の一つとして、そうなってくれないかな~と思います。
 しかしながら、ニャアコちゃんは、自分が踏みたいときしか踏んでくれないでしょうから、認証は難しそうです。


2017年9月30日土曜日

泡雲


 数日前の朝でした。こういう風に空の雲だけ 写真に撮るなんて久しぶりです。
 実は私は、 子どもの頃から 雲が大好きで、写真にとるのが好きでした。 雲の名前を調べたり、勝手に名づけたりして楽しんでいたこともあります。
山登りをするようになってからは、山と雲の写真をよく撮っていました。そういえば、雲が好きなので、気象予報士になりたいと思った時もありました。

 様々な気象の現象について、理由を知らなかった時のほうが、空想がたくさん生まれたなと思います。例えば、虹。虹が出そうだなという空の時、今の私は、必ず太陽を背にして、太陽の角度を考えて探しますが、子どもの頃はあちこち見上げていました。どこに現れるかわからないドキドキ感がありました。虹の根っこには、何か不思議なものがある、などと言う寓話も信じていました。太陽がどっちにあろうが、虹の根っこを追いかけてみたい衝動にかられたこともありました。
 
 雲の形も、この高度でこのような条件で生まれるから、こんな形であると知ることは、楽しさが半減してしまう気がしました。気象予報するには必要かもしれませんが、知識のおかげで、偶然生まれたすごい形を、見逃してしまうかもしれません。雲の出来方など考えず、雲の広がりだけを視界いっぱいにすると、それだけでいろいろな物語が浮かんできて、楽しいです。
久しぶりに、そんなふうに雲を見ることが出来たのは、最近早起きをしているおかげでした。やはり、早起きはお得な気分です。