2018年2月10日土曜日

るすばんねこ 36


 今週初めから、再びるすばんねこになりました。昨年末以来の、久しぶりのおるすばん。おひな祭りには帰ってくるとのことです。
 ニャアコちゃん、水よりぬるま湯の方がよく飲んでくれます。寒い冬はお湯にかぎるにゃと言っていました。

 最近、最低限のニュースや気象情報以外は、ほとんど情報番組を見聞きしないので、バレンタインデー間近ということもすっかり忘れていました。
 小学6年の女子の多くが「私、友チョコしかあげないよ。」と言っていました。本当に好きな男子にあげないものなのか、大人の前でだけそう言っているのかどうかはナゾですが。
 私が小学生の頃は、キャアキャア言いながら男の子をまちぶせしていた記憶があります。
気弱な友人に頼まれ、代理で家を訪ねてチョコを届けた思い出もあります。どんな感じだった!?と友人に聞かれ、あまりいい手ごたえじゃなかったのを言えずに飲み込んだ苦い思い出も…。
寒い季節の早い夕暮れの時間、チョコを手に、ドキドキしながら友達と巡った町の記憶はなかなか消えずに残っています。
 
 ニャアコちゃん、野良時代にはかなりイケメンな猫くんと連れ立って歩いていました。仲良く野原を行く証拠写真もあります。しかし、ちがうオス猫くんと一緒にいたときもありました。もしかしてニャアコちゃん、積極的にアプローチする女子だったのでしょうか。いえいえ、自分から告白するなんてはしたないにゃ、という乙女で、それがモテる秘訣だったような気もします!

2018年1月20日土曜日

災害で消えた小さな命展・・・36

 
世田谷区のギャラリーパウパッドさんで、今日まで開催されていた命展4。最終日の今日訪れました。
 ギャラリーから30分ほど歩いたところに住んでいらした参加作家さんがいます。イラストレーターの長谷川京平さん。去年、命展4に絵を提供してくださったあと逝去されました。
 京平さんは、私にとって恩人と言う存在です。今から十数年も昔、ある童話賞の審査員だった京平さんが選出してくださったおかげで、私は入賞しました。初めて私の物語にあたたかい絵をつけてくれた方でした。あの時入賞していなかったら、今も文や絵をつくっているかわかりません。
 授賞式で初めてお会いして以来この十数年、年賀状やお手紙を出したりいただいたりしていました。命展2から参加されてからは、何度かお会いできて嬉しく、今回も楽しみにしていました。
 とても残念で、悲しいです。
「作品を生んでいますか」お便りにはいつもそう書いてありました。
 病床にあっても命展の絵を描いてくださった京平さんに、私はこの先も、生み出した作品を見守っていただきたいです。
 このようなことを想いながら訪れた会場が、オーナーさんのお人柄と同じようにあたたかな空間で、ほっとしました。絵になった動物たちも、ゆっくりとくつろいでいる気がしました。

2018年1月8日月曜日

災害で消えた小さな命展・・・35

今日から、東京都千代田区の一口坂ギャラリーにて『命展part 4』が始まりました。
昨日は搬入のお手伝いに行って来ました。
 昨年6月に始まって以来、「るすばんねこ&わんこ」を置いて足を運べる会場がなかったため、part 4の動物たちと会えるのは東京展が初めてでした。私が描いた熊本のバロンちゃんとも、久しぶりの再会です。熊本の会場で、大好きな飼い主さんと会えたバロンちゃんの顔は、私が半年前に送り出した時と変わっていました。会期中に絵の動物たちの顔が変わったなあと思うのは、毎回感じることです。
 展示中、おもしろいことを聞きました。絵になった動物たちが、会場によっては並び順が少しずつちがっている理由について。お隣に並ぶと、合わない組み合わせというのが、あるそうです。
 お隣に飾られていると、なんだか落ち着かなかったり、絵になった動物たちが不機嫌そうに見えたりなど…。
 こういうことが起こる理由も、ただの絵ではなく、命が宿っている証だと思います。
 是非、たくさんの方たちに観ていただきたいです。
 

2018年1月2日火曜日

素敵な出逢い

虹ナマコさんとであうと、幸せがやってきます。
 今年も、素敵な出逢いがありますように。
  幸せを 感じる 命が、 一つでもふえますように。

2017年12月24日日曜日

るすばんねこ 35


 おるすばん最終日のニャアコちゃん。今年も無事にるすばんできて、ほっと一安心です。
お皿の豆は、福島の親戚の方が送ってくれたパンダ豆。シャチ豆とも呼ばれるそうですが、この、かわいい黒白上下半分柄、間違いなくニャアコ豆です!そんなわけで一緒に記念撮影。
 白黒の豆なのに、なぜか煮ると赤っぽく変わるのが不思議です。黒い色は一体どこへ行ってしまうのでしょう。それにしても、変わった模様です。丸くふくらんだフグにも似ています。
 変わった様子の豆を探すと、他にもありました。トラ豆やうずら豆の斑紋は、なんとも奇抜。貝豆のうずまきは神秘的だし、ひよこ豆の形もかなり奇妙です。
 
 以前から思っていたのですが、豆はミステリーです。何かが化けているような気がします。だれにも見られていないところで、ひっそり元の姿に変身していたりして…。
 ニャアコ豆が、変身して小さなニャアコちゃんになったら…たくさん増えて大変だけど楽しそう。
ニャアコちゃんは、この写真の後、皿の豆を追いかけようとしたので、あわててひきあげました。
大切に育てて送ってくださった豆を、跳ね飛ばしてしまっては大変!
代わりにペットボトルキャップをあげると、上機嫌でひとりサッカーをするニャアコちゃん。
 来年も、おるすばんが多いかもしれないけれど、元気に過ごせるようがんばりましょう。


2017年12月15日金曜日

るすばんねこ 34

 
  クリスマスまでお留守番中。ニャアコちゃんは、るすばん中に3回目のお誕生日を迎えました。
今月は、隣室にいる老犬ポテトおばあちゃんも、お誕生日を迎えます。飼い主に見捨てられて施設へ輸送されたポテさん。一年前、両眼球と子宮摘出という大手術を乗り越えた当時は、こうして誕生日を迎えられることが想像つきませんでした。本当にうれしく思います。
 病気にかかったポテさんを施設に送り、飼育費を踏み倒して音信不通になった人間が、どんな人なのか興味ありませんが、ごく普通に街を歩いている人間なのでしょう。その人のそばには、新しく手に入れた犬がいるかもしれません。
 連絡が取れて飼育費用を支払っていても、全く会いに来ることなく、預けた命が消えることにも関心をもたない人。そんな人が、施設へ預ける申し込み者の多くを占めていると聞きました。
 もうけ主義のペットショップや、悪徳ブリーダーなどどいう言葉がマスコミで上げられることがありますが、そのような企業や組織が生み出した悪ではなく、ごくふつうに動物を買ってきて見捨てる一般市民がいるのでした。そういう人々は、殺処分する保健所に連れて行かなかったから、後ろめたい気分を免れているのでしょうか。もしかしたら、すぐ近くにそういう人が生活しているかもしれないと思うと、恐怖を感じます。
 ニャアコちゃん、お誕生日にいつもより多めのチュールをあげました。それでも、そんなにたくさんはいらないにゃ、と欲がないニャアコちゃんでした。
 

2017年12月5日火曜日

時を越える樹




 去年、群馬県の山で撮った 栃ノ木の大木です 。小学3年の国語教科書に出てくる『モチモチの木 』を読んで、この写真を思い出しました。
 私がこどもの頃から学校で読み聞かされている物語。印象深いのは、モチモチの木の実で作られるという、ほっぺが落ちるほどうまいおモチ。それと、モチモチの木に輝く幻想的な灯り。この写真のようにすっかり葉を落とした大木が、山の神様のお祭りの夜、枝いっぱいに灯りを点して輝くというのです。私は、見たいな~と思いました。勇気がある子にしか見られないと言うけど、自分は勇気があるのかな?と考えたのをおぼえています。久しぶりに読むまで記憶になかったのですが、物語の中でじさまは、主人公の豆太へ、勇気以外にも大切なことを伝えていました。
「…にんげんやさしささえあれば、やらなきゃならねえことはきっとやるもんだ…」
 いいこと言ってるねえ、じさま❗私は、強さは優しさから生まれると信じています。
 今から五十年近く前に出版された絵本ですが、きっとこの先も長く親しまれるのでしょう。生きている時代を越え、心に残る物語を自分も生みたいな…つくづくそう思いました。