2017年4月22日土曜日

無くならない武器


近所の畑道で出会ったキジさん。
ケンケン鳴きながらのんきに歩いていました。飛ぶのが得意ではないキジさんですが、
歩き方もなんだかスキだらけに見えます。危険物はないのかな…とこちらがヒヤヒヤします。

先日、CAPINさんのブログを読んでショックな記事を発見しました↓
http://ameblo.jp/capin-blog/entry-12265447126.html
「るすばんねこ 4」で書いたのですが、恐ろしい思い出の『トラバサミ』という猟具。
あの恐ろしいワナが、未だ堂々と売られているという記事です。
10年ほど前に法律で禁じられたという猟具なのに、のどかなお祭りの縁日で売られているのが現実でした。
「法律で禁じられて、よかった~!」と思い込んでいた、自分はおめでたい人間でした。
法律が出来ても、すみずみまで行き届くことがないのを、様々な場面で見たはずなのに。
茨城県だけじゃなくて、きっとあちこちののどかな場所に、今もそんなふうに怖い武器が売られているのでしょう。
無くならない武器は、無くそうと思わなければ無くならないのですから、私も見つけたらその努力をしようと思います。
キジさんや他の生き物たちが安全に歩ける道でありますように。

2017年4月13日木曜日

るすばんねこ 23


 4月も長い留守番が続くニャアコちゃん。いつもの窓辺から目を離せません
白い花が満開のスナップエンドウには、ゆらゆら揺れる豆のさやがぶら下がっていますし、鳥や虫も訪れるのでした。
 ニャアコちゃんの窓辺を、日課で通っていく野良猫さん♂がいるのですが、ニャアコちゃんは実はカレが苦手です。
 去年の夏も、窓辺に置いたベッドに寝ているところをいきなりガラス越しに顔を接近され、思わず飛び上がって逃げたニャアコちゃん。
 昨夜は、スナップエンドウジャングルをかいくぐって接近してきたカレを見て、なんとガラス窓へ体当たりしてしまいました。さすがの野良カレもびっくりして後ずさりです。(でも、こりずに朝にはまたきました…。)
「痛いでしょう…ガラスの向こうなのだからそんな怒らないでよ…」
といくら説得しても、気持ちは治まらないようです。
 彼ら同士にしかわからない相性があるのでしょう。普段はとてもおとなしいのに、カレが来るとネコが変わって突進してしまうニャアコちゃん。豪傑すぎて苦笑いです。

 でも、もし偶然そんな時に大地震が発生し、ガラスがざっくりわれてしまったりしたら…と思うと笑いごとではすみません。
 パニックになった時、猫たちはとんでもない方向へびっくりするくらいの距離を移動してしまう、そんな話を東日本大震災以来、ここ数年たくさん聞いています。
 熊本地震も、明日で一年が経ちますが、そんなパニックで行方不明になったままの猫たちが未だいるのでした。例え何年経ってしまっても、どうか再会できますようにと祈っています。
 そしてニャアコちゃん、非常時には豪傑にならず、 いつものように人見知りでおとなしく助けをまっていてくれますよう、願ってます。

2017年3月27日月曜日

るすばんねこ 22

早朝、滅多に雪の降らないこの町にも雪が舞いました。
大粒のボタン雪。かなり存在感のある雪の動きに、ニャアコちゃんは目をきょろきょろさせて見入っていました。目の前のスナップエンドウの葉にも、ほんのひと時雪が降り積もりました。
 おるすばん一週間のつもりが、いろいろ事情ありで三週間になってしまったニャアコちゃんですが、今日はひさしぶりにうささんが帰宅しました。
 うささん、ついに雨女ならぬ、雪女になってしまったようです…。

 先日、珍しく歩いて散歩した近所で、白モクレンとこぶしが並んで咲くのを見ました。
似ている二つの花たちですが、花の大きさや、咲いている花の下に葉があるかなど、少しずつ違いがあります。
 一緒に散歩していた老母が言うには、二つの木には重要な違いがあるとのこと。
花が寒さに耐えられるかどうか…だと言うのです。確かに、そう言われてみると、モクレンの白い花が、ぶり返した寒さで茶色くしおれているのに対して、一足遅れて咲き出したこぶしはシャキンとしていました。以前、まだ雪が残る早春の山道を歩き、こぶしが白い鳥たちを乗せているように、のびやかに咲いていたのを思い出しました。
 思いがけない今日の雪にも負けずに、開いた花たちが美しく咲いていてくれればいいなと思います。

2017年3月11日土曜日

寒い青空


 おとなりの方が植えた青菜を、ヒヨドリがせっせとついばんでツンツルテンにしていました。
満足そうに一休みしていたので、一枚パチリ…。
我が家のベランダに置いたサラダほうれん草のプランターも、びっくりするくらいきれいに刈り取られています。短いくちばしで、上手に食べるものだね…と感心します。

 青空がまぶしい一日で、ガラス窓越しだと春のように明るい日差しなのに、真冬の北風でした。
毎年3月11日は寒い気がします。
 震災が起きた日がもう少し暖かかったなら、もっとたくさん命が消えずにすんだかもしれない、毎年そんなふうに思います。
 今日一日、本当に寒くて冷たい青空でした。ヒヨドリも、丸くなっていました。

2017年3月7日火曜日

るすばんねこ 21

 
お気に入りの丸いクッションに、負けずに丸顔のニャアコちゃん。今週は一週間のおるすばん。
ニャアコちゃん、実は便秘気味です。お医者さんからもらった便を少しだけゆるくするための油をなめてほしいのですが、なかなかなめてくれません。大好きなチュールでもダメでした。
「怪しいニャ…」と疑わしい顔です。
今までいろいろ薬を飲ませてきた動物の中で、かなり上位な手ごわさのニャアコちゃんです。
 
 薬と言えば、私は幼い頃体が弱く、よく胃腸をこわしたり風邪で寝込んでいました。(今とは正反対…)
 なので、体に良いとされるあらゆるものを食べさせられました。アロエや乾燥した薬草など、いろいろとニガイ思い出があります…。
 最近、ドライフルーツを食べていて、ふと思い出す味がありました。昔、母が作っていた黒くてすっぱい、コールタールのようにドロッとした物体!わずか耳かき一杯ほどの量をなめるだけで、胃腸の不振や風邪などに効果があるので、酸味に口をすぼめながらなめさせられたあの薬!子どもの私には、魔女が作るあやしげな液体に見えました…。
 あれは一体どんな材料だったの?と老母に確認したら、ずばり、梅肉100パーセントでした。青梅をすりおろし、その汁を、ひたすら時間をかけ、煮詰めたエキスだったそうです。万能薬として昔から家庭で作られていたようですね。現代でも、レシピや効能がネット検索でずらっと出てきました。梅肉エキス、文字通りの万能薬のようで、販売もされていました。
 子ども時代の素直な私には、確かに効いていたかもしれません。でも、大人になって疑い深くなった今の私にも効くかな…確かめるべく、今年の青梅の時期に作ってみようかな~と思っています。

2017年2月23日木曜日

あこがれの女神

(山形県立博物館 縄文の女神)
 毎年そうですが、2月はあっという間にかけぬけてしまいます。たった3日短いだけなのに、何だか早く去ってしまうのです。
 先週、東北方面へ出かける用事があり、帰る日に土偶さんに会う寄り道をしました。
縄文の女神。大好きな土偶さんのお一人です。
国立博物館の特別展示と違って、あふれる人混みと行列もなく、静かな空間。フラッシュ無しなら写真も撮らせて頂けます。
 静かな暗い展示室で対面すると、あらためて、ホレボレする姿でした。背が高いのは見ての通りですが、3,1キロという体重に驚きました。
 創った人はよほどつよい想いを込めたのだろうな…と感じます。表面をきれいに磨き、ツヤを出す工夫までこらしてあるそうです。
 考古の世界では、女性の姿を表していると言われる土偶さんたちですが、あまりに不思議な造形が多く、魅力的なのでした。
 女神さん、どう考えても当時日常に暮らしていた女性をモデルにしたと思えません…。
土偶は宇宙人がモデルだとかいう説も聞いたことがありますが、縄文時代の地球では異星の生き物も、ごくふつうに一緒に暮らしていたりして…。周囲を見渡せば、異なる容姿の生き物が当たり前に歩いていて、お互いがそれぞれの特色と個性を排除せず尊重していた…なんて夢のような時代だったかも…!もしそうなら現代より何歩も進んだ世界です。
 タイムマシンがあったら女神さんが創られている現場に行ってみたいです。

2017年2月3日金曜日

るすばんねこ 20

今年の節分は、ダンボール製の猫さんに、鬼面をつけてもらいました。
ニャアコちゃんは不審な顔で、私を見ていました。一体なんのつもりにゃ?何がおもしろいにゃ?
 鬼猫さんにはちっとも関心をよせてくれませんでした。

 鬼退治をする桃太郎のお話を、簡単な英語劇にして6年生の子達が演じていました。
一人の子に「鬼って、昔はまじでいたの?」と聞かれたのですが、ううんとうなって、
「どこでもいるわけじゃないだろうけど、いたと思うよ。」と答えてしまいました。
 そもそも、鬼とは何か?さまざまな方が言及している資料が山ほどありますが、一番納得できるイメージは、『祖霊神』です。
亡くなった命たちが鬼の姿で出現するのかな…本当は鬼の姿などではないのに、見る人の心の状態で鬼に見えているのかな…と。自分には鬼に見えるのに、同じものを見ているはずの隣の人の眼には、神々しい神様が映っているのかもしれません。
 考えてみれば、世界中無数に存在する神々には、穏やかな神様だけではなく恐ろしく荒々しい神様がいます。鬼が神様なら、どうして追い出さなくてはならないのか…?
 6年生が演じる英語劇。鬼と桃太郎たちのエンディングのように、
「 We are friend!  We are happy! 」 でみんな仲良くなればいいのにと思います。
 でも人間は欲深く、あまりにたくさん悪行を重ねて生きているので、自分の内部の『鬼』を追い出さなくてはならない、そんな意味で節分に豆をまくのは納得できます。
 結局、季節の変わり目の、改めて自分を見直す行事と思うことにしました。
 
 ニャアコちゃんたち人間以外の動物たちは、追い出さなくてはならない鬼(=悪)など持っていないと思われます。だから、豆まきする必要はありませんね。