2017年9月14日木曜日

るすばんねこ 30

今週初めから11月まで、ニャアコちゃんの長いおるすばんがスタートしました。
ケースのかわいさにつられて買ったイタリア土産whiskas(シーバのような、中にクリームが入っているドライフード)をおやつで食べたあと、一休みしています。
 猫のフードやおやつについて、体によいものかどうか調べるサイトはとてもたくさんあります。
添加物が入っているのか、原材料は何が多いのかなど、いろいろ細かに調べて比較されているので、大変参考になります。
 そいういうサイトの中に、フードに含まれる着色料についての記述がありました。
「赤色をつけて美味しそうにみせているけれど、赤い色を認識しない猫には無意味である。飼い主が美味しそうと思いながら与えるためだけの添加物である。」とのこと!
 子どもの頃、金魚を飼っていた時、赤い色をよくするための色揚げという餌があって、これは金魚が食べても体に悪くないのかな?と思った記憶があります。
 尿臭をへらす効果あるエキス入り!などと書いてある犬猫のおやつもよく見ます…。そもそも、おしっこはくさいものでしょうよ!と思わず独りぶつぶつ売り場でつぶやいてしまいます。
 飼い主=人間に考慮して作られるペットフード。高級なお値段の、無添加安全なフードをすべての人たちが買えるわけではありません。どんなフードでも、体に取り入れる小さな体たちに、害がないことを第一に作ってくださいとお願いしたいです。
 でも、美味しそうな色じゃないと手に取らない人間、臭いが強いと飼うのが嫌になってしまう人間が多くいるので、製造され続けているのですね。
 買う人がいるからなくならない悪いもの…残念なことに、世の中にはそういうものがあふれています。





2017年8月30日水曜日

美しい風景がふくむ現実

(Passo Giau ジアウ峠  から La Gusella グセラ峰 )
 今年も、三回目のドロミテの旅に行って来られたことに感謝です。
何回も行って飽きないの?と老母には不思議がられますが、ドロミテと言っても広いのです。なかなか回りきれません。
 今回も、足裏に豆ができるほど、美しい風景の中を歩き回ってきました。大好きなマーモットにもたくさん会うことが出来ました。登山道では、驚くくらい犬連れのハイカーを見ました。本当に大げさでなく、犬連れでない方が少ないくらい! というコースもありました。 
 確かに、自分の家族に健康な犬がいたなら、こんな美しい景色を一緒に歩きたいなと思うでしょうね。気持ちはわかります。
 マナーを守っていて、さすがヨーロッパ!! ペット先進国!! と言いたいところですが、残念な人たちにも会いました。登山道で犬をリードにつながず、野生動物のエリアへ走り放題にさせてしまう人…。警戒鳴きと共に巣穴へ駆け込むマーモットたち。無邪気に走る犬には罪はなく、保護者の責任です。
 そしてこんな問題もあるそうです。ロングバケーションをリゾート地で過ごす間、犬と共に楽しみたい人が現地で犬を手に入れ、バケーション終了時に置き去りにしていく、とのこと❗
 まさかそんな?と驚きましたが、実際、そういう状況下保護された犬を引き取っている方を知っています。
『Was Flauschiges!』(絵うさ/文たかぎなまこ)を出版してくださったオーストリアの編集者コーネリアさんです。メールに添付された写真には、ようやく幸せを得た小さな家族が写っていました。
 自分が知らないところに、あとどれくらい悲しい現実が潜んでいるのか、恐ろしくなります。
でも、出来る限り知っておきたいなと思います。

2017年8月8日火曜日

るすばんねこ 29

今日はるすばんねこ 最終日です。45日間、よくおるすばんしました。
のんきに横たわるニャアコちゃん、千葉は被害がほとんどなかったのですが、台風はあちこちに被害をもたらしてしまいました。毎回どこかしらでつらいニュースを聞きます。

 台風が去った後の猛暑ですが、ニャアコちゃんはエアコンの冷気をよけてダンボールにもぐったり、膝でべったりしたりとしています。写真を撮った時間も、窓辺はすでに強い日差しで暑いのに、余裕の表情でした。
 カーテンの向こうのトマトジャングル。今年もたくさんの実をつけてくれてありがたいです。他の土地では大雨による被害が多いというのに、私の住む九十九里沿岸は今年、とても雨が少ないようです。トマトも何度かしおれかけ、雨水では足りずに水まきをしました。
トマトや果実はなるべくギリギリまで水をあげずにいたほうが甘くなる、と聞くことがあるのですが、なんとなく苦しそうで、なるべく水をあげてます。多少甘みが減っても、のびのび育ってくれて、みずみずしいほうがいいなと思いました。

 ニャアコちゃんも、この夏は水飲み機効果もあって、よく水を飲んでくれてありがたいです。それにしても、暑くないのかな…と心配になってしまう毎日です。

2017年7月31日月曜日

黄色い花

かぼちゃとスイカとメロン、どれも似ている黄色い花だったような気がします。
写真は今年初めてみたズッキーニの花。かぼちゃより花びらの切れ込みするどくて星みたいです。春先タネをまいて、やっと花が咲くようになりました。
 ズッキーニ、この歳になるまでゴーヤのようにつるっぽく伸びてぶら下がって実がなるのかなと思っていましたが、茎の根元から生えるように成るようです。
 農薬、殺虫剤を使わずに栽培できるものじゃないと、我が家の庭では育てられません。
キュウリやナス、オクラはどうも上手くいきませんでした。彼らは繊細なのでしょうか…。
なんとか雑草と虫に負けずに今まで成長したのは、トマト、かぼちゃ、スイカ、バジル、そしてズッキーニが今年仲間入り!
 ズッキーニ大好きなのでうれしいな~と思いきや、咲く花が次々に雄花ばかり。
雌花は咲く前にしおれたり、せっかく咲いた!と言うときに限って、雄花が咲いていなかったり。どうやらタイミング悪い男子が多いようです。今朝もいくつか花が咲いていたけど、男子校状態でした。
 育った本数が少ないから仕方ないのでしょうね。果たして夏が終わるまでに上手くむすびつく実ができるのでしょうか!
まあ、お花をみるだけでもキレイなのですが、やはりズッキーニ食べたいな~と思います。
すぐお隣で、バッタに負けずに育っているバジルを添えて…。

2017年7月16日日曜日

るすばんねこ 28

 ニャアコちゃん、最近このダンボールがお気に入りです。深さと広さがちょうどよいらしく、夏用のベッドにちっとも入らず、ここで寝起きしているのでした。
 
 九州北部の水害に心が痛む日々です。私は現地支援へ参加できそうにありませんが、昨日からの3連休、かけつけてくれているボランティアのみなさんが多いと聞きました。本当に感謝です。
 昨年春、熊本支援へ出かけていた頃、私がお世話する動物はるすばんねこのニャアコちゃんだけだったのですが、今年は事情がちがいます。ニャアコちゃんの隣室には、保護施設から引き取った盲目のお年寄り犬・ポテトちゃんが暮らしています。
 そしてちょうど一年前、炎天下の駐車場に遺棄されていた離乳したての子猫・マーブルは、私の老父母に育てられ、順調に大きくなりました。目の前にいる3つの小さな命。一緒に暑い夏を乗り越えなくては!
 
  私が日頃、非常時を考えて動物たちにしているそなえは、まず彼らの主食を常に備蓄しておくこと。そして、なるべく食の幅を広げておくこと。一つのフードだけにかたよらず、複数のフードに慣れていれば、非常時の困りが少しは減るからです。
 昨年、熊本の避難所で、そんな困りごとを耳にしました。限られた支援物資の中で、動物関連はさらにわがままをいえない状況でした。フードを配っても、遠慮する被災者の方たち。
「これはいいです。うちの猫、○○○しか食べないの、すっかり食欲なくなってしまって…。」
 人間は非常時だから妥協しようという考えになりますが、動物たちはそうはいきません。
お腹がすけば食べてくれる動物もいるでしょうが、なかなか頑固な動物が多いようです。
 
 頑固の代表であるニャアコちゃんの食の幅は、ポテトちゃん・マーブルちゃんと比べても郡を抜いて狭いです。
 食の幅だけではなく、ダンボールの好みも!この箱に落ち着く前に、もう少し浅いのや広いのを持ってきても居つかなかったし、遠回りして避けたりしていました…。車の中で過ごす避難訓練でもしておきたい気分ですが、そんなことしたら、私はニャアコちゃんに一生恨まれそうです。
 
 
 

2017年7月1日土曜日

るすばんねこ 27


命展4が始まり、盛岡~奄美大島~熊本へ旅立ったうささん宅で、ニャアコちゃんはるすばんスタートです。8月初旬まで長いるすばんねこです。
 
 ニャアコちゃん、テーブルの上に乗ってご飯を食べますが、決してお行儀が悪いわけではありません。この季節、床にご飯のお皿を置けない理由があるからです。実は、家の中に現れる小さな小さなアリ、イエヒメアリまたはヒメアリというアリが、ニャアコちゃんのフードにたかってしまうので、高台でないと置きご飯が出来ないのです。
 このアリたち、家の壁の中で繁殖しているそうです。シロアリとちがって、家の材を食い荒らすわけではないのですが、甘いものに限らず、たんぱく質や油も好きらしく、台所に神出鬼没…小さすぎて、壁内から室内へやってくる穴をふさぐことは困難なのです。家中の壁紙をはがさないと巣の場所はわからないとか…。驚くべきことに、機械油を好み、時計などの精密機器を壊してしまう事例もあるのでした。
 
 2ミリ弱の彼らの眼に、人間はどう映っているのでしょう。以前、アリのような小さな虫からは人間が大きすぎて見えない?と書かれている記述を読んだことがありました。もしもそうだとしたら、彼らを駆除する人間は、見えない大きな「災害」のようなものかもしれません。アリには困ってしまいますが、私はできる限り「災害」になるのはさけたいなと思って考えました。
 彼らが何故か大好きな、麺のゆで汁をペットボトルキャップに少し入れ、山ほどよってきたところを野外に出す!そんなやり方で少しずつ減らしているところです。アリにしてみたら、竜巻で吹き飛ばされて、急に見知らぬ土地に降り立ったようなものかもしれないのですが…。
 アリを蹴散らさず、奪われた自分のご飯をみつめていた、おとなしいニャアコちゃん。なのに通りかかる野良猫くんには手厳しく、今日も窓越しにするどく威嚇していました。ただ通り抜けるだけの野良猫くんの方が、アリよりニャアコちゃんをおびやかさないのだけど…どうしても許せないようです。

2017年6月25日日曜日

災害で消えた小さな命展・・・34

(九十九里沿岸防砂林・蓮沼海岸)
 先日、海岸を散歩してきました。自宅から車で20分ほどのこの海岸、東日本大震災の津波で防砂林が荒れ果ててしまって以来、訪れるのは久しぶりです。
 行政だけでなく、企業、ボランティアの方たちが、九十九里沿岸の植林作業をしてくださっているそうです。若松が、すくすく枝を広げサボテンのように立っているのを見ると、少しほっとします。

 今月末30日から、命展パート4が岩手県盛岡市で始まります。http://www.chiisanainochi.com/pub025/schedule.html
 今回は「震災で消えた」から「災害で消えた」に名前が変わりました。命をおびやかす災害を幅広く含めているのはパート3と変わりませんが、今回は、去年の4月発生した熊本地震で犠牲になった命たちも、描かれています。
 引き続き参加させていただいた私が描いたのは、熊本地震がきっかけで亡くなってしまった小さなワンちゃんでした。
 申し込まれた方のお手紙には、たくさん添付されたお写真とともに、失った悲しみと在りし日々の愛情があふれています。
 私には、災害で失った家族がいないので、その途方もない悲しみをすべてわかろうとするのは、無理かもしれません。
 でも、たくさん食べて元気に走り回っていた家族が、急に食べられなくなり、立ちあがれなくなってしまった悲しみはよくわかります。胸にせまる悲しみを思い起こしながら、絵を描きました。
 救えたはずなのに救われなかった命たち、最低限保障されるはずの囲いからはみだしてしまう動物連れの被災者。そんな悲しいことが一つでも減ることを願い、今回の命展も、せいいっぱい力になりたいです。